創らずにはいられない!

日常の困りごとを解決するような商品開発を熱く語るブログ

乾燥肌やのど乾燥で欲しい加湿器2 種類や特徴をザックリ簡単に解説。

姉が失敗した加湿器選び。
周囲がビショビショに
濡れてしまいます。

creator-nabe.hateblo.jp


何か良い対策がないかと
思案中。新品の加湿器が
もったいないですもんね。

これから購入される方は
よく検討ください。

以下に、私がネットで
調べたそれぞれの特徴を、
ザックリ簡単に書きました。
どなたかの参考になれば、
幸いです(*^-^*)

加湿器の種類と特徴

★ 加熱式 ★
蒸気です。湯を沸かしたポット
の蓋を開けているようなもの。

<メリット>
・加湿能力が高い。
・加熱してるので衛生的。

<デメリット>
・蒸気は熱く、お子様や
 ペットなど要注意。
・水蒸気で純粋な水だけ
 発散して、ミネラル分が
 残るので掃除が不可欠。
・電気代が高い。
・沸騰の音。

★ 気化式 ★
湿ったフィルターを通った
空気が出ます。実感は少ない。
濡れタオルを干しておく
ようなもの。

<メリット>
・熱くない。
・周囲が濡れない。
・空気清浄効果があるものも。

<デメリット>
・高価。
・安いものは、効果を
 感じられない不満が多い。
・フィルターの取り換えや掃除
 をしないとカビなど不衛生。
・ファンの音。

★ 超音波式 ★
ミストです。スプレーで
霧吹きしたようなもの。

<メリット>
・熱くない。
・加湿能力が高い。
・他よりお手入れ簡単。
・安価。
・電気代が安い。

<デメリット>
・蒸気でなく水の粒が大きい
 ので、周囲が濡れやすい。
・ミネラル分を含んだ水分を
 発散するので、周囲が白い粉に
 覆われることになった事例も。
・古い水などで使用すると、
 ばい菌の拡散になる可能性も。
・若い人は2万ヘルツの超音波音。

★ ハイブリット式 ★
いろいろあるようですが、主流は
温風気化式。濡れタオルを干して
ドライヤーをあてるようなもの。

<メリット>
・熱くない。
・周囲が濡れない。
・空気清浄効果があるものも。
・気化式よりも加湿能力が高い。

<デメリット>
・高価。
・フィルターの取り換えや掃除
 をしないとカビなど不衛生。