創らずにはいられない!

日常の困りごとを解決するような商品開発を熱く語るブログ

注目の世界最小ブロック『ミクブロ2』でキリン完成!ピンセットなしでチャレンジ成功

お盆休みのどこかでなく、休み
になって即、世界最小ブロック
『ミクブロ2』に挑戦しました。
模型セットの「キリン」です。

f:id:creator-nabe:20150814014554j:plain


本当に注目されているかどうか
不明だけど、こんな興味深いもの
作らずにいられません。

creator-nabe.hateblo.jp


考えてみたら、昼間にやると
チャレンジ中に親戚が来たり、
母に呼ばれたり、父が
「それ、何?」と寄ってきて
昔話を始めたり…
所要時間も計れそうにない。

じゃあ夜でしょ!ってことで
早速取りかかりました(^O^)/

まず、どこから攻めようかと
世界最小ブロックを改めて凝視。
一番大きいブロックって、
2×4と思っていたら、2×5!

実はレゴブロックもあまり
知らなくて、幼い頃遊んだのは
「わたしのおうち」ってブロック。
1971年の発売品らしい。

ダイヤブロック:ダイヤブロックの歴史


それが2×4だった記憶から、
思い込んでいた。2×5には、
何かこだわりがあるのかな?

認識を修正した所で、作業の手順。
最初はウォーミングアップに
大きいブロックを使う箇所、
キリンの胴体から
着手することにしました。

f:id:creator-nabe:20150814014640j:plain


必要なブロックを、説明書に近い
配置でテーブルにセッティング。
しっかり持つと見えないので、
指にのせる感じで並べていく。

落としたらなくしそうなので、
細心の注意を払います。
そして、いよいよ組み立て!
ブロックのハマり心地は、
世界最小でもイイ感じ!
流石、日本の超精密微細技術!

f:id:creator-nabe:20150814014833j:plain

f:id:creator-nabe:20150814015221j:plain

f:id:creator-nabe:20150814014849j:plain


胴体はすぐ完成して、次は足。
さらに小さいブロックも、
ピンセットなしでイケました。

でも、しっかりハメようと
指先で押したら、くっきり跡が…
逆さまにテーブルに押し当てた
方がきれいにハマるようです。

f:id:creator-nabe:20150814015241j:plain

f:id:creator-nabe:20150814015258j:plain


ハメるのは大丈夫だけど、
外すとなったら素手では
無理かもしれないですね。
その時こそピンセットの出番?

足4本も完成して、胴体に
繋げるとキリン感が出て
きました。ここまでが
45分くらいだったかな。

f:id:creator-nabe:20150814015428j:plain

f:id:creator-nabe:20150814015451j:plain


こうなると気分が盛り上がって、
写真を撮るのも忘れ、
顔と首を一心不乱に作ります。
顔は説明書で間違いないか
よく確かめながら慎重に。

f:id:creator-nabe:20150814015648j:plain


足や首は色の配置にさえ気を
付ければ、真っ直ぐなので
迷いがない分、早かった。
結果、所要時間
1時間15分でキリン完成!

f:id:creator-nabe:20150814015715j:plain


出来上がりは思ったより
大きかった。小さいブロックが
ギュッと集まって、
精巧に作られた作品です。

後ろ姿もしっぽがキュート。
楽しかった!もっと
作りを荒くして、子供の
キリンも作りたいですね。

f:id:creator-nabe:20150814015845j:plain


12色ブロック基本セット
買ったら楽しいだろうなぁ。
誘惑されますわ。。