創らずにはいられない!

日常の困りごとを解決するような商品開発を熱く語るブログ

無料でも引き取ってもらえないリサイクルの現実 家具買取のポイントとは!

住宅改修に向けて、
ちょっとずつ前進してます。

でも初っぱなから
挫ける出来事が…。


家具の移動場所確保のため、
リサイクル業者にお願いして
回収予定だった和風の飾り棚。
「すみません。引き取れません」って!

creator-nabe.hateblo.jp


先日TVで「ユーズド・イン・
ジャパン」の中古品は売れる
って聞いたばかりなのに、
あれはマボロシ
それとも都会だけの話か?

日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京


海外で、日本の中古品が人気
だそうで 「メイド・イン・
ジャパン」じゃなくても、
日本で使われていたものは
品質がよく、使い方が丁寧で、
使い古されてないから
「ユーズド・イン・ジャパン」
に価値があるって言っていた。

f:id:creator-nabe:20150804021359j:plain


今回はその通りの家具ですが、
引き取りは無理なようです(泣)
地方都市ではまだ、中古品
家具を海外輸出をするような
会社はないのかな。

家具買取りのポイント

家具の回収をするのは、
5、6年以内に購入した
新しいものだそうです。
民芸家具なら、違う価値で
買い取りされるようです。

我が家の家具は、
新しくて8年くらい前から
古くて40年以上前だけど
民芸調ではない。
どれも買い取りどころか、
引き取っても貰えないようです。

要するに、買いたくなる
リサイクル品かどうか、
店頭で見つけて購入するかが
基準のようですね。

ちなみに、
洋服ダンスは人気がなく、
靴棚は人気があるそうです。
クローゼットが多かったり、
靴収納は困っているのでしょう。

今回は仕方ないので、
全部の家具移動が終わるまでは、
飾り棚も隅に寄せて対応します。
壊すには忍びないので、
置ける場所が見つかればいいなぁ。


欲しい人がいたらあげるんだけど
大きい家具は「はいっ」って
気軽に渡せないのがネックだなぁ。。