創らずにはいられない!

日常の困りごとを解決するような商品開発を熱く語るブログ

泌尿器科の造影検査とは?検査続きで費用が…でも3割はありがたい。

泌尿器科で造影検査
してきました。
結果としては、異常みられず。

2週間前に水腎症
思われていた部分にも、
現在は問題なし。

では、この倦怠感と
違和感は??と言っても、
現状で腎臓に問題なければ
調べることはないので、
泌尿器科の対応は終了。

また、
内科に行って相談しました。
確かにこの2週間、不調で
体を休めがちにしてたので、
すこし回復した感もあります。

とりあえず今度は、以前から
何度もなった逆流性食道炎
ような症状があるので
胃カメラを来週します。

後は、大きな病院でCT撮る
くらいしかないとのこと。
まずは静養しながら経過観察
という、スッキリしない
結果になってしまった。

原因不明って嫌だけど、
そんな状況は多いのかも
しれませんね。

泌尿器科の造影検査とは?

折角なので、初体験の
造影検査についてご報告。
今回の費用は保険13,090円で
3割負担の3,930円でした。

検査が重なると安いとは
言えないけど、健康には
代えられませんからねぇ。

そして造影検査は、造影剤の
副作用などの可能性があるため
同意書を書きました。

この副作用の記載内容が怖くて
検査を拒否する方も
いるようですが、私は全く
変調なく大丈夫でした。

検査は、2~3時間前から
食事と水分を控えます。
最初に尿検査をして、
血圧と脈を測りました。

造影検査は、胸の下から
膝までを撮影できるように
服や下着を外して、タオルだけ
掛けた状態で横になりました。
まずそこで1枚撮影。
 
造影剤をちょっとだけ注射して
副作用がないか2~3分様子見。
その後全量を注入して、
また1枚撮影。
 
その後10分してまた1枚、
今度は立った状態で1枚、
排尿して(検査に回して?)
また1枚撮って検査終了。
 
暫くして、検査結果をもとに
診察という段取りでした。

医学ってすごく進歩してますが
所々にアナログ感もあって、
造影剤が流れていくのを
随時撮影するってのが
面白いなぁなんて、健康不安の
傍らで考えてました(笑)

今回、体調不良の原因が
分からないのは残念でしたが
ともかく腎臓に異常がなくて
良かったということで。。
安静を心がけます。