創らずにはいられない!

日常の困りごとを解決するような商品開発を熱く語るブログ

商品開発への想い

手が冷たい季節がやって来た!『てぽか』別バージョン11月後半の販売を目指します。

寒くなりましたね。皆さんはもう暖房器具を使ってますか?暖房器具を使う前の方が、寒さしのぎに厚着をするなんてことありません?部屋が寒いので、私はもうフリースが手放せません。例年通り、手の冷たさも!こんな時には『てぽか』です。 creator-nabe.hat…

クラウドファンディングは一旦断念。成功する為に、今はもっと良い状況作りをします。

この秋から冬にかけて、クラウドファンディングの企画を立てていましたが、今季は断念することにしました。 <a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/13/235000" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/13/235000"…

気になる店頭ディスプレイ。陳列方法って難しいけど、コレはない!

100均にクエン酸を買いに行きついでにイロイロ物色。文具コーナーなど面白いものがあるのでキョロキョロしてると気になるもの発見!長い紙かプラスチックの凸凹した形。 横から見ていたので、何だろうと近づくと「書初め用紙」!長い紙が袋の中で、真っ直ぐ…

『てぽか』プロトタイプのお披露目会。試作品の評価はいかに?

スピンオフ『てぽか』の試作品を外部の方々に試してもらいました。 <a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/08/16/235000" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/08/16/235000">試作品を開発中。スピンオフ『てぽか』より『スマートてぽか』?プロトタイプ完成。 - 創らずにはいられない!</a>creator-nabe.hateblo.jp 今回、場を提供してくれたのは、私が参加しているKYC…

失敗例に学ぶクラウドファンディングの落とし穴。支援参加で詐欺にあう危険も。

クラウドファンディングのメリット話を書きましたが、深刻なデメリットというか、失敗話も大事なので記載します。 &lt;a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/21/021630" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/21/0…

クラウドファンディングもっと詳しく。メリットや国内サイトまとめページを紹介

前回、私の感覚でクラウドファンディングを紹介しました。 &amp;lt;a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/18/235500" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/18/235500"&amp;gt;市場規模に期待!クラウドファンディ…

介護生活の準備。チャンス到来で、在宅介護の準備は突然始まった。

先日、信用できるアリの駆除業者を頼むために、以前お世話になったハウジングプラザさんに相談しました。 <a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/10/235000" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/07/10/235000">アリの巣コロリ効いた!床下はカビだらけ、除湿剤と思ってた石灰も原因だった。 - 創らずにはいられない!</a>creator-nabe.hateblo.jp これをきっかけに…

この秋にリリースしたい、スピンオフ『てぽか』とは

スピンオフ『てぽか』を創ろうとしています。販売から5シーズン目を迎える『てぽか』は、お陰様で右手用から左右セットに成長しました。改良点もあると思いますが、それよりまだ知名度の不足が問題のように思います。 <a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/05/31/031131" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/05/31/031131">手が冷たいなら『てぽか』。指先まで暖</a>…

介護をする人が楽になる商品が創りたい

先日の羽アリ事件は床下対策に留まらず、今後の介護を見据えたプチリフォームにまで発展しつつあります。この介護の話や父の腰痛の話、商品開発ブログの内容じゃないと思われるかもしれませんが、最終的には繋がっています。それは、私の商品開発に「介護を…

アイデア商品、便利グッズ、上手く使ってこそ本領発揮。作り手の意図を理解してる?

ちまたに溢れるアイデアグッズ。優れた商品も多い反面、その優れたところを理解せずに使われるケースも多い。残念ながら実力を出せないままいつの間にかお蔵入りってことはよくあると思うのです。 アイデアグッズの多いキッチン用品や生活用品は、説明書を読…

特許検索の視点と特許の費用。特許料等の減免制度を知っていますか?

前回の記事で特許に触れましたが、まだ書いてないことがありました。 <a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/06/19/003253" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/06/19/003253">開発に重要な特許権!平成27年3月特許電子図書館は特許情報プラットホームへ - 創らずにはいられない!</a>creator-nabe.hateblo.jp 特許検索の視点『てぽか』 の特許出願をする前自分でも特…

開発に重要な特許権!平成27年3月特許電子図書館は特許情報プラットホームへ

「平凡な主婦が、特許で年収〇億円!」って聞いたらどんな風に感じますか?パッと閃いたアイデアで人生変わるかもしれない。私もやってみようかな~なんてトキメキ感じませんか?それとも、発明家なんて変人っぽいし、特許なんて面倒な感じがしますか? 確か…

福岡ギフトショー、セミナー受講してきました。

福岡のマリンメッセで行われたギフトショーに行ってきました。 どのブースもイチオシ商品を持ち込んでいるだけあって、斬新なものや興味深いものがたくさんありました。強敵だと思う商品が溢れていたら、商品開発する意欲が削がれるかと思いましたが、要らぬ…

ヒット商品は賛否両論あるものが多いって本当?開発秘話に努力の跡を見つけよう。

取引相談をした、とある工場の方が仰っていました。 商品会議などで満場一致した商品よりも、賛否両論あったもの方がヒット商品になったりする、と。 それを聞いた時には驚きましたが、別の商品開発の話と併せて考えると何となく分かる気がしました。 それは…

2015年の冬で5年目。ヒット商品より共感される商品を目指す。

これまで書いた『てぽか』の 商品化が決定するまでの 記事では触れてませんでしたが『てぽか』についての賛否はいつも別れました。 <a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/06/04/020201" data-mce-href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/06/04/020201">自分の欲しい商品ランキング一位を商品化するために2 - 創らずにはいられない!</a>creator-nabe.hateblo.jp 私の鬼気迫る勢い…

ブログでおすすめ“ものづくり”の魅力。仕事人の視点。

このブログで書きたいことは“ものづくり”の楽しさです。前回の記事にも書きましたが、私が発案した『てぽか』は2011年の秋に商品化して、ネット販売を開始しました。 &amp;lt;a href="http://creator-nabe.hateblo.jp/entry/2015/05/31/031131" data-mce…

モチベーションを上げる方法?それより自分が何でモチベーションが上がるかだ!

過去に何度かブログを書いているけど、 なかなか続けることは難しく、 自分には向かないのかと思っていた。 最近出会ったブログの師匠曰く、 誰もが続けることをつらいと感じる いくつかの壁があるらしい。 最初の内は、 読んでくれる人もほぼいないし、 ア…

商品開発を仕事にする!アラフィフの決断

商品開発をメインの仕事にしたいと リアルに思ったのは今年に入ってから。 そのキッカケになった 『てぽか』を創ったのは たぶん43歳の時だった。 素手の感覚のあったか手袋!パソコン・携帯・ゲームに便利と人気 デスクミトン(ローズ) 右手用 メディア: …

Facebookは大人の日記 商品の売れ筋に影響を与える女子力を侮るなかれ

若い子たちのFacebookのイメージは「大人が使う日記」らしい。高校生・大学生のメインはLINEかツイッターという。 女子高生「 80 %がiPhone ( Android 恥ずかしい疑惑も)、 Facebookではなくインスタ」原宿の 女子高生 100 人に聞いてわかった スマホとア…

名もなき発明家、アイデアマン達のひらめきから商品化まで

発明と言われないアイデアが、世の中に溢れてる。 日本の商品には、かなりの割合で驚くほどの工夫が盛り込まれ、ごく普通に売られ、使われてる。 どれもこれもがアイデア商品のような宣伝文句だから、完成度の低いものから高いものまで一見いっしょくただけ…